杉戸・春日部・幸手・久喜の小児科と皮膚科の井上小児科皮フ科
-アレルギーやアトピーやぜんそくなどの診療-

井上小児科皮フ科
診療予約・お問い合わせ0480-33-8690

予防接種予約専用0480-33-7311

〒345-0045
埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台西2-6-3

  • HOME
  • 井上小児科皮フ科 ブログ
井上小児科皮フ科 ブログ

夏休み雑感

先日電車に乗っていたら、3歳ぐらいの女の子がベビーカーに乗っていて、20分ずーっと泣いてました。
お母さんは時々トントンするだけ。
周りの人は一人減り、二人減り。
抱っこしてあげたり、水分取らせてあげたりしたら、どうだったでしょうか?
これから行楽地に向かわれる皆さん、
せっかくの夏休み、親子で楽しむ工夫しませんか?

皆さん、お元気ですか?

当院では、昨年秋から、予防接種棟にて
ハートフルコンサートを開催しています。
患者さんとのふれあい、そして、
予防接種棟を皆さんに知ってもらうことを目的としています。
是非コンサートにいらして下さい。
今回は7月9日、
夏の童謡メドレーです。
みんなで盛り上がりましょう。
3ヶ月に一度開催していますので、
今回参加できない方は、
次回参加されてはいかがでしょうか?
スタッフ一同、お待ちしています。

5月の10連休、みなさんどうしてましたか?

私は、前半旅行、
5月3日は庄和町の大凧上げ祭りに参加していました。
大凧の引き手もやらせてもらいました。
皆んなと一緒に走ったら、
呼吸が苦しくなり、ゼイゼイしました。
でも、無事に大凧上がりました。
 
昨年末からリンゴ病大流行してます。
顔、腕がまだらに赤くなっている患者さんが多いです。
 
急に暑くなって来て、
あせもの湿疹だったり、
虫刺されだったりの患者さんが多くなりました。
 
水分、塩分補給をして、これからの暑い時期乗り切っていきましょう。

桜、今年は1週間ほど早くの開花です。

桜で有名な権現堂は、隣の幸手市にあります。
行ったことありますか?
毎年、多くの観光客で賑わいます。
私が所属しているロータリークラブでは、
年一回ではありますが、朝早く清掃活動を行なっています。
 
花粉症のピークは過ぎた感じ。もうすぐ新学期ですね。
まだ少しインフルエンザの患者さんがいます。
A型がほとんどでした。
私も、また新年度、新たな気持ちで、
1年間、皆さんに支えられながら頑張ってまいります。

関東は、ほとんど雨が降りませんね。

学生時代、金沢で過ごしました。ほぼ毎日のように、
どんよりした天気が続いているか、雨が降っていたのを思い出します。

2月と言えば、一番寒い時期でしょうか?
先日、夜に、雪が降ってました。すぐ溶けましたが。

まだまだインフルエンザ、猛威を振るっています。新聞によると、
過去最高の流行のようです。
外出するときはマスク着用、
帰ってきたらうがいを、
毎日行ったほうがいいですね。

新年明けましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
先週から、インフルエンザ大流行。
1/14午前中が休日当番でしたが、診療が終わったのは午後3時30分。
スタッフ一同疲れ果てて、帰って行きました。
昨年春発売になったインフルエンザの薬ゾフルーザ 。錠剤も小さく、小児でも飲みやすそう。
熱の下りも早い印象です。
今年もよろしくお願いします。

クリスマスはサンタの衣装で

夕方5時になると、随分暗くなってしまいます。
12月下旬には、当院恒例の
Christmasにちなんだ衣装を来て、診療しています。
看護師は、クリスマスツリーに扮したり、トナカイになったり、
診察室は毎年ちょっと独特な雰囲気となっています。
今年は、12/21 12/22 12/25に行います。
楽しみにしていてくださいね。

寒くなって来ましたね。

急に10度ぐらい温度が下がることがあり、
体調を崩して診療所に来られる方がいらっしゃいます。
木々を見ると、紅葉が綺麗です。
喘息で急に発作が起きている患者さんも見受けられます。
受験も間近と迫り、学生さんあと何ヶ月かの追い込みです。
頑張ってください。

先日の台風24号、夜間の風強かったですね。

チャーミーという名前なんですね。
家の前の幹は折れるし、家は大揺れ。夜間凄い音が続き、30分ごとに目が覚めました。

話は変わりますが、当院で、ミニ音楽会を開く事となりました。
声楽家、ピアニストに来てもらい、いっしょに歌を歌いましょう。
春夏秋冬、年4回行う予定です。
まず最初に、10/9 13:45から30分間です。
是非お越しください。
待ってます。

8月下旬に、国際フォーラムで外来小児科学会が行われました。

ワークショップ 食物抗原の生後早期からの投与 に出席しました。
生後3-4ヶ月から、6種類の食物抗原を少しずつ食べさせて、
食物アレルギーの発症を抑えよう、というものです。

食物アレルギーのある方、多くの医療機関で、除去を指導されています。
食物アレルギーに埼玉で一番取組んでいるいるさいたま市民医療センターの先生に
指導いただき、食物負荷試験、積極的に行なっています。
食物アレルギーで悩んでいる方、当院にぜひお越しください。
微量でも食べさせていけば、だんだん食べられるようになります。

TOP