杉戸・春日部・幸手・久喜の小児科と皮膚科と漢方内科の井上小児科皮フ科
-アレルギーやアトピーやぜんそくなどの診療-

井上小児科皮フ科
診療予約・お問い合わせ0480-33-8690

予防接種予約専用0480-33-7311

〒345-0045
埼玉県北葛飾郡杉戸町高野台西2-6-3

  • HOME
  • 井上小児科皮フ科 ブログ
井上小児科皮フ科 ブログ

コロナのワクチン、お子さんも受けましたか?

5才から11才のコロナのワクチン接種が、3月から始まりました。
「小児は、コロナにかかっても重症化しないから、ワクチン受けなくていいのでは?
様子を見ましょう」という方がかなり多いようです。
でも、中には、基礎疾患を持っているお子さんもいるでしょう。かかると、重症化する恐れがあります。また、今のところ、コロナに有効なお薬はありません。自然経過で見ることになります。
お子さんがコロナにかかると、お子さんがいた学校のクラス、幼稚園、保育園、しばらくお休みしなければなりません。
コロナのワクチンですが、大人に比べると、熱が出る頻度は少ないようです。
ワクチンに関しては、小児科の間でもいろいろ意見が出ています。
お母さん、お父さん、
コロナのワクチン受けるかどうかよく考えてみてください。
杉戸町、個別接種が始まるかどうかはまだ決まっていません。

疲れている時には補中益気湯

コロナ禍で、皆さん、疲労がなんとなく溜まってきていませんか?
私は、疲れたなと感じた時には、
補中益気湯を内服して早く寝るようにしています。
この薬は、よく処方される漢方薬で、免疫力をupします。
補中益気湯を飲ませた人たちと飲ませなかった人たちで
インフルエンザにかかりやすいかどうかを調べたdataがあり、
飲んだ人たちは明らかにインフルエンザにかかりにくかったようです。
コロナも今のところ特効薬がありません。
疲れたなと感じたら、是非、補中益気湯で免疫力upしましょう。

コロナの後遺症外来始めました

コロナのPCR検査を発熱の患者さんに行うようになって、
1年半経過。当初、コロナ陽性の方は全て保健所管轄となり、
薬の処方、クリニックが関われなくなっていました。
最近、コロナ陽性の方で症状が辛い方、
オンライン診療でお薬郵送しています。
後遺症で悩まれている方も多いようです。
患者さんの少しでも支えになればと、
コロナの後遺症外来始めました。
お困りの方、ご来院下さい。

鼻づまり、鼻水の色がドロドロしていたら、葛根湯加川芎辛夷

鼻水が続く患者さんは、よく外来に来られます。
抗ヒスタミン薬は鼻水に効きますが、眠くなります。
鼻水がドロドロしていると抗生物質がよく処方されます。
でも、抗生物質は、飲むと下痢しやすくなります。
鼻づまりに効く薬は、西洋薬には、点鼻薬ぐらいしかありません。
そこで、漢方薬の出番です。葛根湯加川芎辛夷がよく効きます。
ただ、少し苦いので、クッキークリームアイスと一緒にして食べることをお勧めしています。漢方とクッキーがうまい調和で、薬を飲めることが多いです。
是非試してみませんか?

今年の冬は特に寒い

今年の冬はいつもより寒いせいか、しもやけで来院する患者さんが
多かったです。しもやけには、漢方がよく効きます。
当帰四逆加呉朱萸生姜湯です。手足を温めて、痛みを取ります。
冷え性でお悩みの方は、是非一度内服してみてください。

漢方外来始めました

外来で漢方を使い始めて、20年。「井上さんのとこに行くと漢方出されるから」という声を耳にして、一時、30%外来患者数が減りました。
数年前、ある漢方好きの小児科の先生に、「小さい子でもこんなんに混ぜると飲めるんちゃう?」って言われて、
それを参考にして漢方薬を処方したら、結構飲めるお子さんがいることを実感しました。
 最近、YouTubeの漢方jpでも勉強しています。クリニックで漢方を標榜できることを
知り、小児科、皮膚科だけでなく、漢方内科も保健所に届出しました。
現代医療で治りにくい方、何かお困りの方、ぜひ一度ご相談ください。

ヤクルトに優勝さらわれました

プロ野球 大の阪神タイガースファンです。
今年は前半から飛ばして、優勝間違いなしと思っていました。
一時、貯金20。
でも、オリンピックが終わり、後半戦失速。
2年連続最下位のヤクルトに、終盤で差し切られました。
阪神は、ヤクルトよりも4勝多く勝っていましたが、勝率で僅かに及ばず。
残念なことに、2年連続セーブ王のスワレス、大リーグのパドレスに移籍決定。
来年は、絶対の守護神が抜け、打線もイマイチ。
今後どうなることやら。

コロナのワクチン、そろそろ2回目終わります

杉戸町のコロナの集団予防接種、11月20日(土)で皆さんの2回目接種が終わります。
私も月に何度かお手伝いに行っていました。
集団免疫がずいぶんついたからでしょうか?
コロナの感染者数、ここ1ヶ月で急に激減してきました。
世の中の雰囲気、少し落ち着きを取り戻してきています。
このまま第6波が来ないことを祈りたいです。

オンライン診療

以前にも話をさせていただいたかもしれませんが、
オンライン診療を始めています。
Skypeというテレビ電話機能のあるソフトを使用しています。
こちらから画像を見ることができるので、かなり多くのことが診察できます。
状態によっては、オンライン診療では対応できなくて来院していただくこともあり得ます。
オンライン診療の利点は、患者さんがマスクを取ってリラックスできるのがいいでしょう。
当院の支払いに関しては、後払いシステムも導入しています。
薬は、希望する薬局にファックスで処方箋を送ります。
まだまだマスクの生活が続くでしょう。
多くの患者さんが、安心して診察を受けられる
オンライン診療をお勧めします。

学会の勉強続けています

コロナのワクチン進んでいますが、
まだまだ感染者の数は減らず、重苦しい毎日が続いています。
ただ、学会の講演がライブ配信、オンデマンド配信を行うようになり、
遠くの学会会場まで行かなくても最新の知識を得ることができるので、
大変重宝しています。小児科認定医の単位も、webで勉強して取得しています。
患者さんに新しい医療を提供できるように、これからも頑張る予定です。

TOP